So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
学ぶこと ブログトップ
前の10件 | -

武蔵野 住宅設計 三溪園見学 [学ぶこと]

住宅設計 「品のある高さ」


天井高さは、高くなりつつある。これもどこかのコマーシャルのお蔭だろうか?
本当に、天井が高くなることが家族、ファミリィ―にとって、本当の住まいですか?

僕は、社会の雑踏した、騒がしい空間から逃げ出した落ち着いた場所が欲しい。


吉村順三の言葉

自分の好きなコージィー(居心地のよい、くつろいだなどの意味)なスペース

美しい家というのは皆天井が低い‥七尺5寸の天井以上は、美しくない。という言葉等々。高さは非常に重要

尊敬する建築家 吉村順三の住宅は、天井高さが本当に低い。それが、建物の品につながるのか?
住んでいる人のクレームはないのか?体験したく、感じたくて、京都、奈良に行きたかったが、‥‥まあ、倹約もしないとだめだしと思っていたら、スタバで日経新聞を見て、三溪園、こんな綺麗な場所があるのか?三溪園を知った。そして、横浜の近くにあることを知り、混みあっていない平日、開園9時に合わせて見学した。素晴らしかった。

三溪園案内図1.jpg


桜木町の駅から30分、バスにゆられて三溪園正門前に着く。桜並木、立派な高齢者のマンション、住宅街を行く。前方にそれらしき正門が見えてくる。
2三溪園入口01.JPG


1三溪園正門.JPG

60歳を過ぎたが、神奈川市民でないので入場料を700円払って、正門をくぐる。

最初に見学したのが、鶴翔閣を見学して、三溪記念館を見て、御門、三溪氏が隠居所としていた白雲邸を見る。
9鶴翔閣1.jpg

10鶴翔閣01.jpg


11鶴翔閣03.jpg

12鶴翔閣詳細 .jpg



「夫人と共に暮らした白雲邸」


コーナの柱を建具の一部とした建具の納まり

15白雲邸柱01.jpg

19白雲邸柱02.jpg


千利休が刺客の襲われたとき、‥‥

16白雲邸灯篭.jpg


素晴らしい竹の塀、開けたら御門が見えた。

17白雲邸竹塀01.jpg
18白雲邸竹塀02.jpg


そして、江戸時代の建物、文化の継承する建物群を見学するわけだが、

3一角全景.JPG


江戸時代の数寄屋風書院つくりの別荘建築「臨春閣」

5臨春閣1全景.jpg
6臨春閣03.jpg


廊下の天井高さは2400、全体的に建物を低くおさえているのを感じる。

7臨春閣030.jpg


8臨春閣05.jpg


13臨春閣から橋を見る.jpg


亭樹の橋を渡り、月華殿、天授院を見学して、一番好きな聴秋閣を見る。

14月華殿01.jpg

14-2月華殿天授院周辺.jpg

14-3月華殿周辺2.jpg



20聴秋閣01.jpg


21聴秋閣03.jpg


22聴秋閣1.jpg
23聴秋閣04.jpg


織田信長の弟・有楽の作と言われている茶室。東京の有楽町、そして、数寄屋橋など起源とか‥

24-1春草廬.jpg

24春草廬00.jpg

25春草廬01.jpg

26春草廬02.jpg

27春草廬04.jpg

28春草廬03.jpg


前方の旧燈明寺三重塔を見学し、旧矢の原家住宅を見て、待春軒で「三溪そば」と「まめかん」を食べ、建物見学を終えた。
4時間近くの見学だった。感想は、昔の建物は、高さには無駄の無い柱、梁で構成されていること。材料の美しさ、調和、広がり、によって、構成された伸びやかさがある。


車の“スペーシア”のような ぼってとした外観はない。やっぱり、“ミニクーパー”の方が品があるし、かっこいい。

nice!(2) 
共通テーマ:

建築の本 「場のデザイン  槇文彦×三谷徹」 [学ぶこと]

「場のデザイン 槇文彦×三谷徹」



建築家とランドスケープ・アーキテクトとの間にある場・空間・自然、あるいは内外空間の結界


対談の中で、槇さんが言われた、≪日本ではバロックのように視線が一つのところに収斂(しゅうれん)するのではなくて、回遊性、あるいはシークエンスみたいなものがアプローチとして大事になります。≫たとえば、階段を上がって行った最後に木立の中から神社が現れる。‥日本にはどちらかと言うと塔の文化があまり無くて、水平性が多い。‥(場のデザイン槇文彦×三谷徹より)

「情景の構想化」自分をそこに置いてみて、どういうふうに周りが見えてくるかという視点からの設計です。隅入りの斜め性ですとか、空間に壁をつくる‥思考の時間を積み重ねる中で、自分でもしだいにあるルールに従っていることが分かってくる。

窓には2つの機能、内と外を区分する部分で、開口を通して内から外を眺める場所、外から建築を見た場合、建築の構成の重要な一部。しかし、空間的な関係はつくり出さない。しかし、縁側は2つの空間が出会う場所であり、空間の関係をつくり出している。

作品であるとは、単に質が高いとか、作家性があるとかと言うのではない。

この本で、はじめて三谷徹さんを知った。ランドスケープ・アーキテクト、日本の都市設計で食べていくのは大変だろうな、と思っていたが、大学の先生もしている優秀な人。

銀座にあるニコラスGハイエット・センター(2007年、坂茂建築設計)の建物、これを見たのは10年前になる。
日比谷ビルを設計している頃、はじめて見た時にはびっくりした。
坂さんは本当の建築家だと思った。
坂さんは、街と建物を融合させてすごい人だと思った。
まさか、この建物に、三谷徹氏が携わっているとは思わなかった。
nice!(1) 
共通テーマ:

遅れてきた友人の年賀はがき [学ぶこと]

「遅れて届いた友人からの年賀はがき」


昨日20180117、友人の光枝氏から、遅れた年賀はがきをもらった。彼のパースを見て、或いは、北欧のミステリーを見てかもしれないが、今日朝午前3時30分に目だ覚めた。7時間寝ないと、今日一日が‥と思いながら、ベットの中で、今の仕事のこと、建築のこと、年齢のことなど考えて、眠れなかった。5時に起きて7時に事務所に着いた。

光枝氏のパース.jpg

米子の東光園/建築家 菊竹請訓設計

凄い建築。今もなお、求め続けるデザインが凝縮されていると思った。


「私の好きな建築家」

大学から数えると、半世紀50年間建築に携わっている。
設備、構造とは違い、解答の無い世界、「意匠設計」だから、今も続いているかもしれない。施主探しから始めて、設計と監理まですべてを一人でするわけだから、気苦労の連続。常に施主の方向を見て設計するので、なかなか作家性の建物とはならない。また、作家的な実力の有無は別にして…。

でも好きだから、ここまで続けられた。今も建築界で生き続けている。これしかできないから、しょうがないが…。

40代、50代と新しい建築家は生まれいる。
今もなお、変わらない好きな建築家は、誰もが知っている、元ボクサーの安藤さんでもなく、世の中の注目の隈さん、伊東さんでもない。吉村順三氏槇文彦氏坂茂氏、そして昨年より好きになったポルトのアルヴァロシザ氏だ。彼らの設計に共通することは、【建築と環境のつながり】がある。

建築は、新しく造り出すのでなく、環境から生まれ、見つけ出して、造り出すもの。
建築は環境を変える力がある。良い方向にも、悪い方向にも変える力があるだけに、建築は重要であり、大切にしていきたい。
また、世の中の流れがデザインを生み出すから、デザインは生き物だ。だから、デザイン、デザインと追いかけても、つまらないなどと考え始めたのが最近。
来月の2月で68歳。住宅作家の宮脇さんより、5年も長き生きているわけだから、こんなことを考えた。

「今の設計」

「武蔵野の住宅」の階段と日比谷の「新虎通り沿いの小さなビル」の階段のこと
「武蔵野の住宅」は、基本設計完了が明日、19日。敷地条件から東南の方向の角に階段室を設けた。これは、階段が生活の中で一番大切だと思ったから。
寝室は、寝るための場所、リビングは家族の談笑、テレビを見る場所。しかし、人の動きのある階段は、一人で何かを考える一時の場所、また一日の始まりであり、一日の終わりを告げる場所。つまり、人をつくり出す
空間と考えた。
「新虎通り沿いの小さなビル」の階段は、デザインしない手摺、上に上がりたくなる階段でなければならない。


「60歳からのひとり旅Ⅷ」

妻とふたりで、訪れた思い出の場所、ストックホルムの市庁舎スエーデンのアスプルンドの設計した森の墓地の見学をしたくなった。

「これからの生活」

仕事と生活、好きなことはいつまで出来るか、4月には新しい仕事が見つかるだろうか、小さなビルは、3月末に完成、住宅は今年いっぱいだが…。どうなるやらと思うと サー起きようか


nice!(0) 
共通テーマ:学問

たどってなるほど コーヒー 日本 [学ぶこと]

「森の秘薬 火と出会い覚醒」 日経20160903

コーヒーの歴史.jpg


第三の波と言われるコーヒーブーム。コーヒーの起源はエチオピア、薬だった。
9世紀より前、エチオピアのヤギ飼いカルディが、コーヒーの赤い実を食べて興奮するヤギを見付けた。
自分も食べるとすっきり。以来、僧侶たちが睡魔を払うために実を煎じて飲み、イスラム縁に広がって消費や利尿作用を持つ秘薬となったと言う。「人の出会い」①山火事でコーヒーの実が焦げた②薬を作る際に実がこぼれて火に触れた。2説がある。イスラム教徒は緑の豆を焼く「焙煎」をはじめ、煮出しして飲む黒いコーヒーが誕生した。

17世紀前半、地中海貿易において主導的な役割を果たしていたヴェネツィアの商人を介してコーヒーはヨーロッパ各地に広まっていく(コーヒーの歴史https://ja.wikipedia.org/wiki/

日本には17世紀末、長崎の出島にオランダ人が持ち込んだ記録がある。
第一の波がきたのは戦後の1950年代。「名曲喫茶い」「ジャズ喫茶」。第二の波の始まりは、国内に1200店舗を構えるスターバックスが銀座に第1号店を出した96年。
現在は第3の波が押し寄せる。コンビニでそこそこ美味しいレギュラーコーヒが100円程度で飲める。一方、美味しさを追求したコーヒーに注目が集まる。2015年に江東区に開店した米ブルーボトルコーヒーに注目が集まる。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

熊本と日本列島の地震 [学ぶこと]

《熊本と日本列島の地震》

地震は2016年4月14日震度7、この時は長崎も地震があったそうだ。山にしがみつく様に建てられている建物群は大丈夫だったそうだ。奇跡としか思えない。

熊本地震.jpg


4月16日震度7の本震。この時に私の大好きな熊本城にも被害が及んだ。あの美しい姿、雄姿はいつ見ることができるのだろうか?

友人は4月24日から地震の調査に入った。飛行機は、福岡空港からバスで調査地に行ったそうだ。調査は八代市からの調査だった。まだ熊本には危険のため入れなかったそうだ。ホテルも危険な状態だった。東横ホテルだけが大丈夫だったとか。
僕は、連休を利用して4月29日から1週間の調査。やはり、福岡空港からだが、当日は新幹線は動いていたので、利用して熊本に行く。多くのホテルが被害にあい、利用できるホテルは限られていた。予約無くては利用できない状態。私の利用したリバーサイドホテルも、危険と書かれた張り紙はあったが、玄関側でなく、裏側からホテルに入ったのが、一層の恐怖を感じた。
その日から毎晩深夜に、3時頃だったか3日間、4日間と震度4が続いた。

地震日本列島.jpg


20160819日経新聞
20160820地震.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

がん社会を診る 中川恵一 [学ぶこと]

日経 朝刊 20141019 「がん社会を診る」

建築の仕事をしている私としても、アスベストは大学の授業でも、会社でも、仕上げ表に記載し、使用していた。
本当に怖いことだ。

石綿で増えた中皮腫


石綿加工工場の元従業員らによる集団訴訟の上告審で、最高裁は今月9日、健康被害について国の責任を初めて認める判決を言い渡した。

アスベストは耐熱性や絶縁性に優れる繊維状の鉱物で、断熱材や絶縁材などの用途で、幅広く使われてきました。

しかし、肺がんや中皮腫の原因になることが分かってきたため、2006年(今から8年前)から全面禁止になっています。

アスベストの繊維は、髪の毛の5000分の1と極めて細いわりに非常に丈夫で、一度吸い込むと肺の奥深くまで入り込んで排出されにくいことが発がん性の理由とされています。‥
日本の中皮腫による死亡は80年代前半には年間100人程度‥95年に500人、‥13年には1410人と増加の一途をたどり、今後もこの傾向は続くと予想されています。
‥発がん因子にさらされてからがんと診断されるまでには約10年~30年の年月がかかります。
最高裁の今回の判決は妥当なものだと思っています。

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

好きな建築 河井寛治郎記念館 [学ぶこと]

『河井寛治郎記念館』
 0140715

友達との待ち合わせ場所をここにした。京都駅からは離れているが、京都ならではの閑静な中庭を見ながら久しぶりの友達とゆっくり話せる。河井寛治郎を知らなくても、この記念館を嫌いな人はいないと思うが…。

河井06.JPG


河井3JPG.JPG




河井2.JPG


河井12.JPG


河井11.JPG


河井02.JPG


河井01.JPG


河井07.JPG


河井08.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

好きな建築 虎屋京都店 [学ぶこと]

『虎屋京都店』


京都に行けば必ず寄ろうと思う場所がある。河井寛治郎記念館、龍安寺の石庭、東福寺、など等ある。それに付け加えると、虎屋京都店。そして、今回は初めて友達の深谷君と訪れた。20140715

庭の美しさと控えめの建築の関係が好き

回遊できる路地、表情の違う路地、風に揺れる水も、通り抜ける風、ここを訪れる鳥たちを見ているのも愉しい。

虎や10.JPG

虎や12.JPG

虎や11.JPG


虎や5JPG.JPG


虎や01.JPG


虎や07.JPG

虎や03.JPG

虎や05JPG.JPG


虎や06JPG.JPG

虎や図面.jpg



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ポルトガル リスボン万博会場の周辺にある建物 [学ぶこと]

「1998年リスボン万博会場の周辺にある建物」


その他1 ボーダホンの会社
その他の建築10.JPG

その他の建築11.JPG



ヴォーダ6.JPG

ヴォーダ4.JPG

ヴォーダ3JPG.JPG

オリエンテ駅5JPG.JPG


ヴォーダ2.JPG

ヴォーダ5JPG.JPG



建物2

その他の建築.JPG

その他の建築14JPG.JPG

その他の建築9.JPG


その他3
その他の建築5.JPG

その他の建築2JPG.JPG

その他の建築3.JPG



その他4
その他の建築6.JPG


その他の建築7JPG.JPG


その他の建築4.JPG


その他5
その他の建築15JPG.JPG

その他の駅13.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

旅の本 [学ぶこと]

旅行の一冊の本

 一冊の本を持って旅に出よう
イタリアなら“地球の歩き方”でなく、く石鍋真澄著“サン・ピエートロが立つかぎり”をお薦め。

この本の中で“ヴェネツィアは何も知らなくても訪れるものを楽しませてくれる、フィレンツェは美術を見る目さえあれば、いくらでも滞在できる。しかし、ローマを楽しむためには歴史の知識が少々必要である。”そのための本、難しい歴史でなく愉しく読める歴史の本です。

sanpietoro.jpg

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 学ぶこと ブログトップ