So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
設計の仕事 ブログトップ
前の10件 | -

住宅の設計 武蔵野市 [設計の仕事]

武蔵野設計工房私の設計

施工業者から頼まれるのでなく、常に施主の立場の設計・監理


事務所開設して、29年目になる。設計事務所を開設当時は、三鷹市、武蔵野市を中心にマンションと住宅の設計等をしてきた。そして、15年前からは、港区新橋を中心に設計、現在も、60坪の鉄骨4階建ての事務所ビルの工事が、施工業者の協力で持ってスケジュール通りに行われ、今年3月に竣工する。


≪武蔵野市境での住宅≫

久しぶりに、武蔵野市の境で住宅設計をする。
まだ建築家として、必要とされているのかと再認識させていただいた。依頼して頂いた方には感謝と同時に、私のできることをして、期待に応えるようにしよう。


【設計契約】

設計の依頼は、一本の電話からはじまった。“初回の相談は、無料ですか?”
話し好きな私ですので、“はい、行きつけのスタバで会いましょう。”
そして、質問は“木造住宅は坪どれぐらいで、建てられますか?”
私は、“基本は坪、60万円ぐらいでしょうか?但し、色んな追加、身に付けるものと同じで、ものを豪華にすれば、それ以上に高くなります‥‥。”と説明をした。
友人の建築家、施工業者に相談しても、人件費が上がり‥‥、坪70~80万円になるのではと言われた。
そして、“住宅設計は、一番難しく、お金にはならない。”とか、幾つか失礼なこと、率直に事実をお伝えした。

その後、敷地の選択の相談、不動産屋に値下げ交渉の話等をしながら、2回、3回と相談‥。
理解していただき、お互い波長が合うと思った。
私の何が気に入られたのか分からないが、1ヶ月もしないうちに正式に契約を交わすことになった。

2017年11月4日に設計契約を正式にかわして、本格的に設計をはじめた。
67歳になり、再度住宅を考えさせられている次第。

「考えること1」
テレビで、ハウスメーカーのコマーシャルを見てていつも思うのだが、ハウスメーカーには、到底かなわない。テレビの美しい映像、有名な俳優を使い迎賓館のような、すばらしい映像を見せられ、一方で、安い坪単価、サービスを歌い文句に、到底、住宅はハウスメーカーにかなわない。

「考えること2」
住宅のグレードは、年ごとに上がっている。断熱材の厚さは、都内だと50㎜だったが、今では100㎜。硝子は、単板が二重ガラス。そして、Low eガラス。サッシ枠も結露の関係で、塩ビ。さらに、床暖房など‥下がる要素が無い。

「考えること3」
どのような方法にしても、省エネルギーについても、イニシャルコストはかかる。
それが将来還元できるか、不確定。

社会状況を考えると、以下の仕様は、工事金額によるが、住宅に取り込むことを考える必要があるようだ。
 1)照明器具のLED化
 2)ガラスの二重、或いはLoweガラス
 3)床暖房
 4)断熱材の厚さt50からt100
 5)サッシの枠をアルミから塩ビ枠、或いは木枠
 
「考えること4」
一般住宅では、設計料を工事費の14、15%は取れない。
確かに住宅の設計は、事務所とかマンション設計に比べると、大変な労力、時間のかかる。
工事費の10%がやっとだろう。こちらも、経費を考えながら設計をしなければいけないのだが
、いつも誰かに言われていることだが、経済的に不器用な私だからそれが難しい。

私のできる設計は何か?


【物語をつくる住まい空間】をつくっていきたいと思っている。疲れない住宅が良い。

ジャー疲れない住宅って何かな?
旅7観光ポルト飛行場01.jpg

続きを読む


nice!(2) 
共通テーマ:

住宅設計 「火と水と木の詩」 [設計の仕事]

「火と水と木の詩」 
私はなぜ建築家になったか 
吉村順三


建築の仕事について、率直に飾りもない言葉で説明している。非常に楽しく読ませていただいた。お薦めする書籍だ。

吉村順三書籍.jpg


この本は、吉村順三氏(1908年から1997年)が、1978年11月11日に出版社との対談の中から抜粋された内容を本にまとめたもの。つまり、吉村さんが70歳の時の言葉です。私も、2年後。私にも分かる素直に理解できる言葉だった。以下が、私が納得した事柄を抜粋して書いてみた。

1:吉村氏はなぜ建築家になったか
自分の好きなコージィー(居心地のよい、くつろいだなどの意味)なスペースを造ろうと‥建築デザインの基本。しかしまだできない。

本当に誠意をもって作った物は、本物だという感じを得ました。絵描きさんが画商のために書いた絵‥ソロバンをはじいて出来た家、ピンとこない、生き生きしていない。

 「プランと高さの関係の発見」
美しい家というのは皆天井が低い‥七尺5寸の天井以上は、美しくない。という言葉等々。高さは非常に重要また、‥不用なものは低くて、プロポーションが良くて、安く出来るなら‥。

私のメモ:今まで当たり前のように、天井高さを2400以上と考えていた。武蔵野の住宅は、2400を2250を基準、標準にして考えて設計した。
ただし、事務所建築(日比谷の新虎通りのTビル、竣工20180328)では、各室の高さ2650を最低の高さとして、高くできるところは、これ以上の天井高として、裕福な空間づくりをして、施主に喜ばれた。
住宅と事務所建築は違う。

3:日本での設計活動
【設計の基本は住宅から】

住宅ばかりやっていると、事務所の経営がうまくいかないんだけど、住宅が好きだから‥。だから、偉い先生達はちっとも住宅をやってくれない。あれは間違いだと思う。

4:建築家の役割
建築の仕事は欲得なし
一つには人のための仕事が出来る、人の役に立つ仕事が出来る。

建築家の仕事は、良い仕事ですが、とにかく人間を扱う仕事ですから大変です。
器をつくって、その中に人を入れるという仕事ですから、とても面白い仕事だと思います。
しかし、必ずしも建築家は、社会的にも経済的にも恵まれていない。

「建築創作の喜びと責任」
建築家はビジネスでないから‥建築の仕事をしている時が一番幸せだなあと思う‥。

「建築は人間の精神安定剤」
家というのは、とても便利だとか、快適だという以外に、その家の品格が人に与える影響というものは、すごく強いものがある。寸法が悪くて、寒くて、具合が悪い感じで、年中その人達はいらいらして‥








nice!(0) 
共通テーマ:

新しい視点から見る設計・監理 [設計の仕事]

『新しい視点の設計・監理』20170709

2016年3月に「IMC日比谷ビル」と「IMC三番町マンション」の設計監理の契約をしていたが、施主の一方的な解約で、人生の生活の軸を失った。どちらの建物も設計はしたので、まあ良いかと思うようにしている。

ということで、妻の助言、気転をきかせて、新しく派遣社員として『Nの仕事』をした。普通の設計監理の仕事かと思ったが、全く想定外の内容だった。いろいろ勉強させていただいた、15カ月間だった。


大手の設計事務所は、設計・監理業務売上高から言うと、日建設計、NTTファシリティーズ、三菱地所、日本設計、久米設計が大手五社(2016年ランキング)。私はこの中の三社で働いた経験がある。
派遣社員、勤務先の設計事務所から協力スタッフとして働いた。


『Nの仕事』


私が働いたNは、半民半官。国の管理を受けながら、国の重要な通信建物の営繕(維持、設計・監理)をする。
仕事の流れは、NTTの建物の機能の変更、つまり電話通信料の支払い、相談コーナーに使われていたが、その機能・形態が変わったことと更に安全性を重要視するために、改修をしなければいけない。

そのため、Nの設計企画が改修・改善のための計画・企画書をNTTに提出する。計画・企画書が了承後に、Nは施主であるNTTの代理人となり工事を合見積の形態で発注し、設計・監理をする。

私が入社した頃は、忙しくもあり、暇な頃だったかもしれない。組織替え、引越し、社名変更と、更に、工事現場の事故が多発した時期のためでもあり、計画通りに工事が進まなかった。抱える仕事も通常よりは少なく、私にとっては多い、13件の物件に携わった。多い人は常に20近い物件を抱えている。

Nの会社は全国的な設計・監理そして、工事の代理人として、N中央だけでも常に100以上の仕事を抱えている。様々な事故(足場の設置、煙突の工事、荷物の搬入、搬出時の工事)の多発と選挙があったので、工事はストップする。工事の延伸がひんぱんに発生する。私のような残りの人生を4年と考えている人間には、メンタル的には良くない。

「仕事・設計監理の仕事」
天候の管理、仮設からと見張っておく必要がある。
となると、今までの設計・監理とは違う。新しいものに対する想像性はあまり必要とされない。今あるものを改善・修理が重要になる。それも、新しい部門の監理と思い、勉強させていただいた。内部では試験、研修、勉強とある。
仕事は、現場に行かない場合は、朝九時から午後五時5時30分まで働く。
先ずは、建築設計・監理担当のみんな(50~60人)で「行動指針」を読む
・チャレンジ
・コミュニケーション
・スピード
・主体性
そして、「CSR・コンポライアンス」を確認する。

次に各部門(20~30人)では、工事監理の特記仕様書を読む。そして、現在の担当している仕事の進行状況を伝える。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

仕事も学ぶことたくさんあります [設計の仕事]

『NTTの仕事』“『K建設の品質監理の仕事』

建築業界では代表とする規模の会社。『NTTファシリティーズ』は設計業界では5本の指に入る、また『K建設』も大手5社の一つである。さてここで、何を学んだのか、少し考える。


『NTTファシリティーズ』2016年4月~2017年6月
日本の通信建物の改装、改修工事の設計監理をする仕事。設計者が書いた図面を、忠実に施工業者が行う工事を施主の代行となり監理を行う。日本の通信の神髄のため、責任の重荷は大変なものだ。選挙があるときは地域によっては工事が中止になる。

また、どこかで事故が有れば全国の工事500~600ぐらいかが工事を中断しなければならない。その間の設計料も、工事費の支払いも同様にストップ。普通の企業なら経営が成り立たない。
それほどに、監理の責任の重荷は大変なものだ。
ここで、設計監理は何か、“設計者はただデザインをしていれば良い”と言うことでないことを、知った。また、社内(派遣、外部の人同様)の勉強会、試験がある。そして、施工会社の管理者も同様に、勉強会と試験も行われている。
NTT勉強2016.jpg




『K建設』2017年8月~2017年12月
有楽町駅前に立つ、(仮称)新日比谷プロジェクト延床19万㎡35階建の品質監理を手伝った。
施主に引き渡す前、法的に問題が有りそうな箇所と事故が起きないように監理をする。
施工的に、法的に問題点を見付け、是正工事を指示する。是正前と是正後を書類を提出する仕事だった。
当然だが施主である三井不動産には、非常に気を使う必要がある。

ただ三井の担当者は、サラリーマン、安全な方向ばかりを考えて、海外の仕事(私の経験)とは違い、事務的に処理されることが多い。



『共通する人間関係』


この最大手の共通することは、人間関係だった。担当の上司が悪ければたいへん。
私の担当者が、共に上から目線の人、パワーハラ行為だった。

家に帰ってまで、会社の事が気になる。絶対健康に良くない。
自分の仕事で、常に考えるのは当然ではある。しかし、立場が違う、健康には良くない。
NTTでは、気の良い課長(私の入社時の担当者)にがんが見つかり、入退院を繰り返し、私が退社する前に痩せて、他界するまでの姿を見てきた。何とも辛く、いたわしいものだ。K建設では、作業がノロいと言われ、本人は居眠りをしたり、上司にへらへらするばかりだった。絶対に残業はしない姿勢で、約束期間を働いた。

三人悪.jpg




『学んだこと』

このような、大会社での労働であったが、学ぶことはある。≪仕事の流れのマスターする≫と≪各工事の施工計画書≫どちらも、当然分かっていることである。
しかし、施工会社にまかせっきり、構造に、設備がどうにかしてくれるだろうと思っている一面があった。
ということで、施工管理の勉強が必要と思っている。

nice!(0) 
共通テーマ:学問

IMC日比谷ビル 地鎮祭20150727 竣工引渡20171228 [設計の仕事]

《地鎮祭》


2015年7月27日(大安)、今日が施主と施工会社との契約日でもあり、地鎮祭日ともなった。
事務所を持って、27年目に入った。麻生設計、浦辺設計では、この規模の経験があるが、自分の仕事としては初めての大きな仕事。
施工会社 北野建設、一度は一緒にしてみたいと思っていた一つの会社である。

北野建設と協力して、「施主にお喜ばれる建物」であること、つまりは工事が無事に、スケジュール通りにつつがなく工事が進むことを祈るばかりだ。

余談だが、誕生日が2月7日でもあり、2と7という数字は、私にとっては縁起の良い数字だ。

地鎮祭鍬入.JPG
私が鍬入れをしている。


IMCお知らせ.JPG




確認申請 業者選択 根切りの工事まで設計監理をしたが、英語が出来ないと言う理由で、2016年3月に監理者が変わった。アトリエ系の建築家黒嶋氏は、“人が設計した建物を、監理だけを受けて、仕事がよくできるのだ”。と思った。
Tsao1.jpg


Tsao4.JPG


Tsao5.JPG


Tsao2.JPG


Tsao3.jpg




竣工した建物を見て、施主との交渉が大変だったろうと思う。また施工の北野建設も、最後までよく頑張ったものだと思った。


『仕事の経緯』


2015年12月から19ヶ月の予定が、2017年11月末、実際には、ダメ工事完了、引渡が12月28日。規模5400㎡、鉄骨造12階建て、工期24か月つまり5カ月間遅れの竣工と言うわけだ。
IMC日比谷ビルは、『TSAO Hibiyaビル』と名前を変え竣工。後は、新しい入居者が決まることに頑張ってほしいものだ。

私の人生は、この仕事を中心に人生設計をしていた。かなりのショック(65kgの体重が、54kg)を受けた。
契約を破棄、2016年の3月、休息する経済的な余裕もない。直ぐに新しい仕事に移行した。4月からNTTビルの設計監理、2017年8月から12月までK建設の品質監理の仕事をした。どちらも、監理の仕事をした。
これらの仕事が終わると同時に、IMC日比谷ビルが竣工するのも、何かの人生の縁かもしれない。

この20カ月近くの監理は勉強になった。今までにない自分を見付けたのではないかと思う。
NTTC2.jpg



鹿島の仕事1222.jpg

11人のお友達の寄書






『2018年 私の心がまえ』


大波小波の私の人生、たしか、順調な時も何年間はあった。ここ、しばらくは、他人の事は気にしなく、自分の仕事に専念する。4階建ての鉄骨4階建て、60坪の事務所ビルと木造2階建て、33坪の住宅だ。どちらも自分の設計監理の仕事。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

住宅設計 武蔵野市 [設計の仕事]

『住宅設計』

平成元年に、岡山で設計事務所開設し、工場と病院の設計と監理をした。そして、上京をして、武蔵野市武蔵境で、平成2年7月に友人と二人で事務所をはじめて、27年。

設計で一番難しいのが、住宅。
また一番楽しいのが住宅、だが採算の合わない仕事も住宅。

ずーと武蔵野市の境南町で事務所をかまえている。
最初の頃は、三鷹市とか武蔵野市で住宅、マンション、リフォームの仕事をしていたが、
後半は港区の事務所ビル、リフォーム、住宅+事務所の設計監理の仕事がしめている。

来年3月の竣工する事務所ビルは、港区の新虎通り沿い、敷地面積18坪、延べ床面積が192㎡、鉄骨4階建ての事務所。企画の段階のパース、そして施主希望を実現させるために設計・監理してもうすぐ完成、引渡になる建物。設計は結構大変だが、造る愉しさは金銭にはかえられない。時間と提示する設計料との相違はあるが。

sinnbashi4.jpgパースと違い.jpg












久しぶりの武蔵境の『住宅設計』


60歳から海外で、広場の実測・スケッチをくり返している。
やっぱり、ヨーロッパが良い、アジアも行ったが疲れる。若い頃は、インドとか、中国奥地にもあこがれた。
もう疲れて、そのエネルギーはない。相手のエネルギーを吸収して、それに勝るエネルギーが無いと本当の観光は出来ないと感じているので、やっぱりゆったりとした歴史を持つヨーロッパだ。
歳とともにものの見方が変わってくるようだ。

ということで、住宅の見方、造り方、考え方、も変わったかもしれない。エネルギーみなぎる住宅設計はできない。足元を見る住宅、住まいを考えたい。

最近の気温、太陽光は異常。
確かに省エネは大切だ。床、外部から温度に影響されない建物のための
二重サッシ、外部の温度の影響が少ない工法の普通の住宅で良い。

それよりも、【物語をつくる住まい空間】をつくっていきたいと思っている。疲れない住宅が良い。



旅7観光ポルト飛行場01.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:住宅

藤沢周平著 「用心棒日月抄」を読む [設計の仕事]

藤沢周平著 「用心棒日月抄」を読んでいる。自分と似た人生で、自分と重ねながら読んでいる。

細谷又八郎、禄高百石、馬廻り組の28歳である。藩の仕事で、脱藩して江戸で用心棒しながら藩のために働いている。余裕な金が無く、「諸職口入れ」の吉蔵から仕事を受けながらの生活をしている。
何か自分と重なる。

最近知ったことだが、作家の佐伯泰英氏は、「用心棒日月抄」の本を模倣して、最初の時代モノの≪密命シリーズ≫を書いて、作家として(書くことしかできないと、本人も言っていた)、現在の地位を築いたそうです。(日経新聞夕刊より)

『自分を考える』


建築を大学で学んでから、ずーと建築だけの仕事をしている。建築事務所に勤めてから、年数を計算すると40年になる。腕前は又八郎よりは、細谷源太郎かもしれない。

独立して、設計事務所を開設し28年になる。忙しいときがあれば、暇な時があった。15年前からだろうか、暇なときは、派遣会社で働いている。60歳になってから、年一度の海外旅行を人生の唯一の楽しみにして生きている。

昨年4月から、NTTファシリティーズ中央で派遣で1年と半年近く働いた。そして、バルセローナとポルトに行った。帰国後、今年8月から、週4日間、日比谷で鹿島建設の品質監理の仕事をしている。NTTF中央での設計監理に比べると、非常に忙しい。

派遣社員として働くときの条件は、設計はしない。施工会社では仕事をしない。と決めていたが、面白そうだからと思い、ついついしてしまった。

全てが未熟な我が人生70年、何をしても無駄なことはない。全てが人生経験。と思っている。

しかし、上の人から“トロトロして”、言われながら、もう67歳だからしょうがないとは思うが、やっぱりムッとする。
残業してがんばろうと思ったが、定時に帰った。人を使うのが下手だなーと思った。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

設計活動26年間、一つの大きな出来事 [設計の仕事]


今日2016年7月24日、3月からブログを書く気にならなかった。やっと、私の人生の歩みを残す気になった。
人生の大きな衝撃というか、今から考えると設計活動での大きな出来事のひとつ。独立設計活動を平成2年7月はじめて、色々あったが建築一本の26年間だ。

この大きな出来事は、2016年3月2日午前8時5分、仕事を紹介してくれた人からの電話で、はじまった。途中の設計監理の解約、5500㎡のビルの設計監理とそして、基本設計が終わっている1600㎡のマンションの実施設計と設計監理の2つの仕事を同時に失った。私の最後の仕事と思い、がんばっていただけに寂しい。
理由は、施主の世代交代と私が英語が出来ない、コミュニケーションが出来ないこと。
これは理由にはならないと思い、建築士会の弁護士とも相談したが、今までの設計料を支払っていないわけでもないので、裁判にしても、問題視されない。
残されているのは、四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款の第24条(設計業務、調査・企画業務における甲の中止権)によるもの金銭的な解決だけだとのことだった。

先日、やっと金銭的に解決した。設備、構造とお世話になった方にも支払いは終わった。竣工後に約束の2割は残っているが、これの入金を頼りにしては、私の人生がもったいないと思っている。
まだ、完全には気持ちは解消していないが、考えてもしょうがない。
そして、この解約を機会に25年間の事務所を引越しした。家賃が10万円から6万円の減額だ。自宅に籠ることを言われたが、これは70歳になってから考えることにした。

そして、事務所維持の固定収入のために、4月1日から新しい職場で働きはじめている。この頭の気転も
妻の助言によるところが大きい。そして、新しい職場も4ヶ月が終わろうとしている

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

パリ旅行 久しぶりのル・コルビュジェ ヴィラ・サヴォワ [設計の仕事]

「ル・コルビュジェ ヴィラ・サヴォワ」

久しぶりのル・コルビュジェ ヴィラ・サヴォワ

今日は2015年2月7日、土曜日。

見学に行くのが悩んだが、近いので、1時間ぐらいの見学が、4時間になった。
10時頃から見学だが、9時40分頃インターホンを押した。

最初に、見学したのはスペイン人と3人だった。最初は外観を見学した。午前10時になり、玄関が開く。
入場料は7ユーロだった。
リビング(5.8m×15m 床150角タイル)で、ほとんどの時間を過ごした。

しばらくすると、多くの家族連れとカップルとかいろんな人たちが見学に来た。

コル外観3.JPG

コルアプローチ.JPG

コル外観2.JPG


コル外観環境.JPG

40年前とは環境が変わった。


「建築家、走る 隈 研吾 著」を現在読んでいる。旅行中に読もうと思って、買ったものの内容がどうも、良く建築家としての苦労が分かるので、途中で疲れて辞めた。
モダニズム建築のリーダーであった建築家、ル・コルビュジェの代表作『サヴォア邸』について
コルはフランス正規の建築教育を受けておらず、スイスの山奥から来た山サルみたいな人。だからこそ、それまでの正統を批判できたし、新しい正統をつくることが出来た。
安藤忠雄さんも既存の建築教育は受けていません。代わりにボクサー出身の経歴を持っている変わり種です。
つまり、世界的な建築家は、歴史と言うバックグランドを無視することが出来たわけです。
コルは、施主から訴えられて裁判になった。かれは、商品としてどんな環境でも建てられる商品としてデザインしたのです。


コルバルコニの排水.JPG

コル外柱1.JPG

コル外観私.JPG

コルスケッチ場所.JPG

コルのスロープからリビング.JPG

コル屋上2.JPG


コル女の子.JPG


コルリビング照明.JPG


コルと見学JPG.JPG


コルと柱浴槽JPG.JPG


コル浴槽と外東.JPG


コルスイッチ.JPG


コルリビング扉棚.JPG


コルと照明色.JPG


コルと私2.JPG

コルと私.JPG


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ビル ガラススチフナー [設計の仕事]

ビルの設計

ビルの設計で意匠デザイナーとして、最も見せ場はロビーの設計だ。
高い天井と開放性をいかに表現するかだ。そのための材料がガラスだ。硝子も使い方によっては危険な材料になる。その最も代表的なのが、サスペンドスチフナーだ。スチフナーまたはマリオンまたはリブ。この言葉はまた調べることにして。

アメリカの建築家が、エントランス 天井高さ7850、マリオン間1350を提案した。計算上は、FL19、出が600で
納まるのだが、3年前の東京の大地震後、規制が出来たようだ。旭硝子から、最大天井高さ7000、ピッチ1200までだそうだ。

ビルの設計するために、東京駅周辺、外苑、青山周辺を散策した。天井高さ8000に近いものばかりだ。
東京駅前のPCP、外苑近くのワールドビルなど。

PCP
このビルのマリオンは、出は測っていないが、スティールとガラスの構成「エッジスリット」
PCP00.jpg


PCP9.JPG


PCP12JPG.JPG


ワールドビル  ディンプラス構法
ビル2硝子サポート1.JPG


ビル2硝子サポート2.JPG


ビル2硝子サポート3.JPG

ビル2硝子サポート4.JPG


ビル2の目地幅端部JPG.JPG

ビル2パネルの端部.JPG


近くの店舗ビル ディンプラス構法
ビル1出入り口2.JPG


ビル1出入り口3.JPG

ビル1硝子サポート2.JPG

ビル1硝子サポート3.JPG

ビル1硝子サポート.4JPG.JPG

ビル1硝子サポートと天井.JPG


お分かりだろうか?
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 設計の仕事 ブログトップ