So-net無料ブログ作成
検索選択
学ぶこと ブログトップ
前の10件 | -

たどってなるほど コーヒー 日本 [学ぶこと]

「森の秘薬 火と出会い覚醒」 日経20160903

コーヒーの歴史.jpg


第三の波と言われるコーヒーブーム。コーヒーの起源はエチオピア、薬だった。
9世紀より前、エチオピアのヤギ飼いカルディが、コーヒーの赤い実を食べて興奮するヤギを見付けた。
自分も食べるとすっきり。以来、僧侶たちが睡魔を払うために実を煎じて飲み、イスラム縁に広がって消費や利尿作用を持つ秘薬となったと言う。「人の出会い」①山火事でコーヒーの実が焦げた②薬を作る際に実がこぼれて火に触れた。2説がある。イスラム教徒は緑の豆を焼く「焙煎」をはじめ、煮出しして飲む黒いコーヒーが誕生した。

17世紀前半、地中海貿易において主導的な役割を果たしていたヴェネツィアの商人を介してコーヒーはヨーロッパ各地に広まっていく(コーヒーの歴史https://ja.wikipedia.org/wiki/

日本には17世紀末、長崎の出島にオランダ人が持ち込んだ記録がある。
第一の波がきたのは戦後の1950年代。「名曲喫茶い」「ジャズ喫茶」。第二の波の始まりは、国内に1200店舗を構えるスターバックスが銀座に第1号店を出した96年。
現在は第3の波が押し寄せる。コンビニでそこそこ美味しいレギュラーコーヒが100円程度で飲める。一方、美味しさを追求したコーヒーに注目が集まる。2015年に江東区に開店した米ブルーボトルコーヒーに注目が集まる。

nice!(0)  トラックバック(0) 

熊本地震 [学ぶこと]

熊本と日本列島の地震

地震は2016年4月14日震度7、この時は長崎も地震があったそうだ。山にしがみつく様に建てられている建物群は大丈夫だったそうだ。奇跡としか思えない。

熊本地震.jpg


4月16日震度7の本震。この時に私の大好きな熊本城にも被害が及んだ。あの美しい姿、雄姿はいつ見ることができるのだろうか?

友人は4月24日から地震の調査に入った。飛行機は、福岡空港からバスで調査地に行ったそうだ。調査は八代市からの調査だった。まだ熊本には危険のため入れなかったそうだ。ホテルも危険な状態だった。東横ホテルだけが大丈夫だったとか。
僕は、連休を利用して4月29日から1週間の調査。やはり、福岡空港からだが、当日は新幹線は動いていたので、利用して熊本に行く。多くのホテルが被害にあい、利用できるホテルは限られていた。予約無くては利用できない状態。私の利用したリバーサイドホテルも、危険と書かれた張り紙はあったが、玄関側でなく、裏側からホテルに入ったのが、一層の恐怖を感じた。
その日から毎晩深夜に、3時頃だったか3日間、4日間と震度4が続いた。

地震日本列島.jpg


20160819日経新聞
20160820地震.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 

がん社会を診る 中川恵一 [学ぶこと]

日経 朝刊 20141019 「がん社会を診る」

建築の仕事をしている私としても、アスベストは大学の授業でも、会社でも、仕上げ表に記載し、使用していた。
本当に怖いことだ。

石綿で増えた中皮腫


石綿加工工場の元従業員らによる集団訴訟の上告審で、最高裁は今月9日、健康被害について国の責任を初めて認める判決を言い渡した。

アスベストは耐熱性や絶縁性に優れる繊維状の鉱物で、断熱材や絶縁材などの用途で、幅広く使われてきました。

しかし、肺がんや中皮腫の原因になることが分かってきたため、2006年(今から8年前)から全面禁止になっています。

アスベストの繊維は、髪の毛の5000分の1と極めて細いわりに非常に丈夫で、一度吸い込むと肺の奥深くまで入り込んで排出されにくいことが発がん性の理由とされています。‥
日本の中皮腫による死亡は80年代前半には年間100人程度‥95年に500人、‥13年には1410人と増加の一途をたどり、今後もこの傾向は続くと予想されています。
‥発がん因子にさらされてからがんと診断されるまでには約10年~30年の年月がかかります。
最高裁の今回の判決は妥当なものだと思っています。

nice!(1)  トラックバック(0) 

好きな建築 河井寛治郎記念館 [学ぶこと]

『河井寛治郎記念館』
 0140715

友達との待ち合わせ場所をここにした。京都駅からは離れているが、京都ならではの閑静な中庭を見ながら久しぶりの友達とゆっくり話せる。河井寛治郎を知らなくても、この記念館を嫌いな人はいないと思うが…。

河井06.JPG


河井3JPG.JPG




河井2.JPG


河井12.JPG


河井11.JPG


河井02.JPG


河井01.JPG


河井07.JPG


河井08.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

好きな建築 虎屋京都店 [学ぶこと]

『虎屋京都店』


京都に行けば必ず寄ろうと思う場所がある。河井寛治郎記念館、龍安寺の石庭、東福寺、など等ある。それに付け加えると、虎屋京都店。そして、今回は初めて友達の深谷君と訪れた。20140715

庭の美しさと控えめの建築の関係が好き

回遊できる路地、表情の違う路地、風に揺れる水も、通り抜ける風、ここを訪れる鳥たちを見ているのも愉しい。

虎や10.JPG

虎や12.JPG

虎や11.JPG


虎や5JPG.JPG


虎や01.JPG


虎や07.JPG

虎や03.JPG

虎や05JPG.JPG


虎や06JPG.JPG

虎や図面.jpg



nice!(1)  トラックバック(0) 

ポルトガル リスボン万博会場の周辺にある建物 [学ぶこと]

「1998年リスボン万博会場の周辺にある建物」


その他1 ボーダホンの会社
その他の建築10.JPG

その他の建築11.JPG



ヴォーダ6.JPG

ヴォーダ4.JPG

ヴォーダ3JPG.JPG

オリエンテ駅5JPG.JPG


ヴォーダ2.JPG

ヴォーダ5JPG.JPG



建物2

その他の建築.JPG

その他の建築14JPG.JPG

その他の建築9.JPG


その他3
その他の建築5.JPG

その他の建築2JPG.JPG

その他の建築3.JPG



その他4
その他の建築6.JPG


その他の建築7JPG.JPG


その他の建築4.JPG


その他5
その他の建築15JPG.JPG

その他の駅13.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

旅の本 [学ぶこと]

旅行の一冊の本

 一冊の本を持って旅に出よう
イタリアなら“地球の歩き方”でなく、く石鍋真澄著“サン・ピエートロが立つかぎり”をお薦め。

この本の中で“ヴェネツィアは何も知らなくても訪れるものを楽しませてくれる、フィレンツェ美術を見る目さえあれば、いくらでも滞在できる。しかし、ローマを楽しむためには歴史の知識が少々必要である。”そのための本、難しい歴史でなく愉しく読める歴史の本です。

sanpietoro.jpg

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

旅から学ぶこと [学ぶこと]

旅行に出かけたくなる》

建築名言01.jpg土曜日、日曜日も休みなく事務所に行く。自宅に居るとテレビチャンネルについつい手を出してしまう。そうすると、節電モットーの妻から注意の言葉が飛んでくる。“部屋の温度が上がる、電気代がもったいない。”だから、事務所にいて、仕事をしたり、頭の整理のためにブログを書く方が落ち着く。そのようにして、おとなしく仕事をしている方が良い。

読む本は佐伯泰英さんと山本一力さんの作品だけ。久しぶりに建築の本を読んだ。『建築家の名言』。面白かった。建築については、建築に隠されたこころを読み、新しいことに取り組み、まじめに取り込みなさいということだろうか。私の尊敬する吉村順三の言葉「その空間にいて気持ちいいか、気持ちよくいつづけられるかが大切なことなのだ」


そうなんだ、旅行に行きたくなるには、気持ちのいい場所探しをしているのかと、気が付かされた。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

ブラマンテが気になります [学ぶこと]

レオナルド.jpgブラマンテ.jpg右の美男子、教養あふれた人物はご存じだろうが、右の恐ろしい風貌をした人物をご存じだろうか?











右の人物、ドナト・ブラマンテ(1444年頃~1514年3月11日)については、歴史上の一人として、イタリアで幾つかの作品は見たが、ほとんど人物には関心が無かった。しかし、建築家レオナルド・ダ・ヴィンチ/長尾重武、1994年中公新書』を読み、ブラマンテのことが気になった。、“レオナルド・ダ・ヴィンチの友人”、“画家レオナルドとして「最後の晩餐」、「モナリザ」など作品はある。建築家として、驚くべき数のスケッチはあるが、作品はない。一方、建築家ブラマンテは素晴らしい作品を残している。”

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

人生の贈りもの 詩人 加島祥造 [学ぶこと]

『人生の贈りもの』朝日新聞 夕刊2011.7月) 詩人 加島祥造

詩人 加島祥造の名を知ったのは、朝日新聞だった。
詩人加島.jpg60歳を迎え、70歳まで生きるとして残り何回外国旅行ができるかなーと考えたり…、もうしっかり生きてきた…、仕事がらお金がないお金がないと愚痴をこぼしている。そんなときなど妻がどうにかしてくれたり、親にねだったり、でもこれ以上お金、お金と悩みたくないなー、両親とも、昨年他界し親を心配かけることもなくなったし…、このまま事務所を続けられるかなー…とマイナーなことばかりを考えてしまう。

でも最近は、一日、一日を精一杯生きて行こう。マイナーな政治経済の新聞には目を向けないようにしようと思っている。今年は香港と来年はイタリアに行くのが目標だ。


詩人の加島祥造の詩集「求めない」を読んでみたくなった。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 学ぶこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。