So-net無料ブログ作成
検索選択

私にとっての『Stay hungry 、 Stay foolish』 [歳とること]

今日20161122 日曜日で、一つのお仕事はお休み。もう一つの仕事は、あります。
というわけで、休みのない私は、朝、5時10分に起き、パンと牛乳の朝食しながら、テレビを付けると「戦争を知らない子どもたち」“きたやまおさむのテレビの寺小屋の講座で『人の裏と表』、フ~ン なるほどと思いながら‥見て、朝一番のバスで自宅を出た。朝一番と言っても、午前5時52分のバス。

武蔵境に7時10分着、事務所に行く前に、街のこころよさ、私の立ち寄るお店、スタバによって1時間ばかり、“コロンビア”コーヒーを飲みながら、スタッフの若い女子たちと冗談を言いながら、図面を見たりしながらと、ときを過ぎし、事務所に来た。今日はいい天気だ。

私にとっての 『Stay hungry Stay foolish』

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で語ったスピーチ。最後に「Stay hungry, stay foolish」で締め‥

私にとってこの言葉の意味はなんだろうかと考えた。
歳をとるにしたがって、どうして?と思うことが少なくなる。また尋ねるのも恥ずかしくなるかな‥、人は人と思うし、色んな事は無視するとか、“日経夕刊20161022 子供の「なぜ」と格闘 無着成恭の言葉でく質問しない国は滅びる‥ >”を思い出した。

さて、私にとっての、この言葉は、“常に何かを求め、世の中の様々なことに興味を持ち続け、そして世の中の流れに身を任せて生きていくこと


成田 あゆみ/1970年東京生まれ。英日翻訳者、英語講師。の訳では以下の通り。
hungry:過去の成功を捨てること。身軽でいること。心から好きなことを見つけるまで立ち止まらないこと。自分には何もないと自覚すること。自分の心と直観に従うこと。
foolish:多数派の信じることに反してでも、自分の心に従うこと。成功を捨ててゼロからやり直すこと。本当に好きなことを見つけるまで立ち止まらないこと。








nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『老いを忘れさせるもの』プロムナード 日経20161014 [歳とること]

『老いを忘れさせるもの』プロムナード 作家/東山 彰良

48歳になる作家ですら、老いについて考えている。

顔はどこまでかれてしぼむのだろうかとうんざり‥とか、年寄の価値は底なしの暴落を続けていく‥とか。

そして『イッツ・オンリー・ロックンロール』アメリカジョークから
三歳のときに大切なことは、おしっこを漏らさないこと。十歳の時に大切なことは、友達をつくること。二十歳の時に大切なことは、上手にセックスをすること。三十歳の時に大切なことは、金を稼ぐこと。四十歳の時に大切なことは、金を稼ぐこと。五十歳の時に大切なことは、上手にセックスをすること。六十歳の時に大切なことは、友達をつくること。七十歳の時に大切なことは、おしっこを漏らさないこと。

そして、老いを食い止める方法はないが老いの忘れさせる手立ては『論語』のエピソードから、寝食も忘れて打ち込めるものがあれば、すくなくとも日々の老いの足音におびえて暮らさずにすむ。そして、作家として、文字を書き連ねているあいだ、私は永遠に歳をとることがない。‥筆を措く日が来たなら、‥私の老いは、たぶん、そこからはじまる。と締めくくっている。

“老いること”がそうならば、私も設計建築の仕事をしなくなったら、そこから老いがはじまるのだろう。と言いたいところだが、常日頃【老いること】を考えている。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。