So-net無料ブログ作成

御殿場 ドライブ 『とらや工房』 [建物と街散歩]

“久しぶりの一人ドライブ 御殿場 ”
20150613
御殿場駅わらじ.JPG

“13日(土曜日)、ドライブしようかどうしようか、明日は雨だし” と思いながら、午前6時前に出発。給油して、中央高速に乗った。サインを注意していたが、道を間違えて厚木側から御殿場に行った。それでも、8時30分頃、御殿場に着いた。御殿場市新橋(にいはし)の虎屋に行った。お店の人に目的の工房に行くために、案内図をもらった。開店は10時とのこと。まだ1時間、早いので、ポーラ美術館に行こうと思った。しかし、時間が心配なので、途中で引き返した。9時30分に『とらや工房』到着。近くの駐車所に停めて、スケッチをしながら開店を待った。




とらや工房スケッチ2.jpgどうもこの頃から、落ち着きがなかったようだ。他店の駐車場から、虎屋に移動するときに、人を避けるようにバックしながら、ピーピーも鳴らなく、(機械に頼った)杉の木にぶつけてしまった。これから後は、動揺しっぱなしだ。2012年に車を購入して、3年目にしてぶつけてしまった。毎年2000~2500kmしかドライブをしていない。妻はただの不注意、調子に乗っていたとか言うし‥。

『とらや工房』と『東山旧岸邸』


同じ敷地内に建っている。『旧岸邸』の敷地は、5700㎡ぐらい、『とらや工房』の敷地を含めた広さななのだろう。 建築家は吉田五十八(1894~1974)の晩年の作品(1969年)。


とらや工房4.JPG

とらや工房3.JPG


とらや工房5.JPG


とらや工房6.JPG

とらや工房7JPG.JPG


右側に行くと『東山旧岸邸』がある。入館料300円払って、玄関に入る。
しかし、心を落ち着かせるためにロビーで一時を過ごした。

旧岸9.jpg
旧岸10.jpg



旧岸邸1JPG.JPG

旧岸3.JPG


旧岸2.JPG


とらや工房17.jpg


旧岸4JPG.JPG


旧岸5.JPG

旧岸6.JPG

旧岸7.JPG

旧岸8.JPG


『とらや工房』

設計は、京都の虎屋と同じ 内藤さんだ。彼の設計は安心して見える。デザインしていないようで、デザインしている。敷地内でスケッチをしている老人会の人たちがいた。

とらや工房19.jpg
とらや工房18.jpg


とらや工房8.JPG
とらや工房9.JPG


とらや工房16.jpg


とらや工房12JPG.JPG


とらや工房15.jpg

とらや工房11.JPG

とらや工房10JPG.JPG


とらや工房スケッチ1.jpg

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

武蔵境 三人の友達 [歳とること]

『三人の友達 武蔵境』


2015年6月7日、武蔵境の近くに事務所をもつ友人3人で、武蔵野茶房で食事をし、近くのスタバでコーヒーを飲んだ。情報交換というか、何をしているのかなど近況の話をして、憂さ晴らし。

ここ4年の間に、大切な友、池尻君、早崎君、宮崎君、立花君と他界した。自分だっていつまで生きているなどと考えながら、事務所、家に一人でこもっていると、将来先々のことをマイナーに考えがち。本当は酒を飲みながらなのだろうが。

三人とも、スタッフ有無はともかくとして、設計事務所の代表者だ。
それぞれ、時間に縛られるのでなく、自分の生活リズムに合わせて働いている。中央にいる、疲れ顔の私は、土曜日、日曜日、祝日は、ほとんど休むことなく、と言っても、いつも仕事をしているのではない。今、ブログを書いているよういに、事務所を書斎のように使っている。朝7時頃から夜の6時30分まで、事務所のあるこの武蔵境にいる。時間があると、スタバに行く。

ここに事務所を開設して、24年目になる。ここまで来ると、他人の作った建築を見る気はしない。参考のためには、見学するのだが。
若い頃と変わらないのは、美しいものを見ることだ。素直に見て、美しいもの。子供であったり、女性であったり、花であったり、先週の土曜日は、久しぶりに休日として、日本海を見に、寺泊までドライブした。

この次は、御殿場に行って、富士山をみようと思っている。
まあ、年金生活が出来ない私の場合は、仕事をして、一日一日を大切に生きていこうと思っている次第です。


柳小川三人.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー