So-net無料ブログ作成
検索選択

長崎の旅 2016.5.2~5.4 実測とスケッチ [建物と街散歩]

《久しぶりの長崎旅行 2泊3日の旅》

長崎地図2.jpg

山に張り付くように建てられている住宅群、熊本のような地震があったら大変なことになる。
大丈夫なのだろうか、心配になる。

長崎2.jpg

「出島」


2016.3.2から2カ月間が過ぎた。

平和公園、出島、今井兼次の建築二十六聖人殉教地・記念館、オランダ坂、大浦天主堂、旧グラバー邸のイメージがあったが、坂本竜馬の亀山社中などたくさんの建物のイメージがある。食べ物は、カステラ
もう一つ忘れてはいけないのは、いんげん豆。とにかく売られているいんげん豆が大きかった、これも気のせいか?)だが建築仲間が薦める観光先は軍艦島だった。

知識メモ:隠元禅師は(第4代興福寺の住職 1654年入山)、
数多くの事を日本に伝えた。有名な名前に禅師の名が付いたインゲン豆。さらに今は和食に分類する胡麻豆腐、胡麻あえ、けんちん汁。すいか、なし、れんこん、なすび、もやしなどの野菜果物、印鑑に木魚、ダイニングテーブル。そのほかにも煎茶や普茶料理(ふちゃりょうり/中国僧の精進料理)など、とにかく現代の日本で馴染み深いものばかりだ。

二日目は、止んだり、降ったりの大雨の一日だった。傘を差しての観光になったが、その時に立ち寄った亀山社中記念館、眼鏡橋のそばのお店の人との出会いは楽しかった。
そして、眼鏡橋が一番良かった。そして、その次に美しいのが桃渓橋 延宝7年(1679年)。
橋の名前は、河畔に多くの桃の木があったことに由来している。

20160815092530_00001.jpg

長崎橋.jpg


長崎観光.jpg

桃渓橋と興福寺


長崎橋1.jpg


長崎橋2.jpg

長崎橋3.jpg

「眼鏡橋」


長崎橋カンラン.jpg

「桃渓橋のカンランの実測」

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。