So-net無料ブログ作成
検索選択

設計活動26年間、一つの大きな出来事 [設計の仕事]


今日2016年7月24日、3月からブログを書く気にならなかった。やっと、私の人生の歩みを残す気になった。
人生の大きな衝撃というか、今から考えると設計活動での大きな出来事のひとつ。独立設計活動を平成2年7月はじめて、色々あったが建築一本の26年間だ。

この大きな出来事は、2016年3月2日午前8時5分、仕事を紹介してくれた人からの電話で、はじまった。途中の設計監理の解約、5500㎡のビルの設計監理とそして、基本設計が終わっている1600㎡のマンションの実施設計と設計監理の2つの仕事を同時に失った。私の最後の仕事と思い、がんばっていただけに寂しい。
理由は、施主の世代交代と私が英語が出来ない、コミュニケーションが出来ないこと。
これは理由にはならないと思い、建築士会の弁護士とも相談したが、今までの設計料を支払っていないわけでもないので、裁判にしても、問題視されない。
残されているのは、四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款の第24条(設計業務、調査・企画業務における甲の中止権)によるもの金銭的な解決だけだとのことだった。

先日、やっと金銭的に解決した。設備、構造とお世話になった方にも支払いは終わった。竣工後に約束の2割は残っているが、これの入金を頼りにしては、私の人生がもったいないと思っている。
まだ、完全には気持ちは解消していないが、考えてもしょうがない。
そして、この解約を機会に25年間の事務所を引越しした。家賃が10万円から6万円の減額だ。自宅に籠ることを言われたが、これは70歳になってから考えることにした。

そして、事務所維持の固定収入のために、4月1日から新しい職場で働きはじめている。この頭の気転も
妻の助言によるところが大きい。そして、新しい職場も4ヶ月が終わろうとしている
最近、人生は一連のつながりがあることを感じている。
4月からの派遣社員の仕事は、電信通信関係の大手のビルの設計監理。
私の仕事は、設計監理段階だった。また、今自分の新しくはじまりそうな仕事は、鉄骨4階建て、延床50坪程度、竣工するのが、以前の監理していたビルの竣工と同じ頃だ。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。