So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

久しぶりのSYGK会20170713 [建物と街散歩]

久しぶりの『建築の散策 SYGK会』20170713

保険会社の地震調査で知り合った4人。
意気投合し、年に一回の建築・街散策を楽しむ会をすることにした。そして、今回は3回目。

先ずは佐藤氏の呼びかけで、初回は谷中銀座、二回目は安田氏の提案で、大磯の建築見学。そして、私の提案で武蔵美大から武蔵境と吉祥寺散策を楽しんだ。安田氏は50代、残り三人は60~70代。言いたい放題のうっぷん晴らし集まりである。 今回は急きょ、女性建築家の久坂さんの参加。

7月13日、10時に国分寺に集合。15分前に三人とも来ていたが、思った通りに、違う場所で待っていた。こんなに狭い場所でも、みんな思い込みがある歳。でも、ジャスト10時には顔合わせが出来たので良しとするか。
久しぶりに、2年ぶりだろうか、佐藤氏に会った。何となく雰囲気が違う、う…歳か?

西武バスに乗り、芦原義信氏の展示会の見学のために武蔵美大に行った。大学は住宅地域、文教地域(狭い道路を潜り抜けながら走るバス)にある。

まず、バスは大学前に停まる。最初に目に入ったのが、警備員集団。彼らの制服が気になったので尋ねたところ、警備会社の制服とか、環境・雰囲気を壊しているような気がした。そして、芦原氏はスケール感を大切(外部空間の構成)にしていたと思うが、大学らしくない、建物の乱立、芦原氏の設計のやりたい放題というのが、最初の印象。

芦原氏が亡くなった後を、大学の教え子が校舎の設計を監督している。そして、一度だけ図書館の設計・監理を外部(東大、ハーバード大の経歴に目がくらんだか)に頼んでいる。大学としての雰囲気、今までの建築手法を無視した商店建築デザイン設計。

マー日本人らしくてしょうがないか。アメリカ、ヨーロッパにしてこんな大学雰囲気はない。
1時間半足らずの見学、そして当社の事務所を見ていただき、井之頭公園近くのピザ屋さんに1時、井之頭公園見学、漫画家のまこと君の家を見て、2時30分までの集まりで、解散した。

170713井之頭4人.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 『旅にゆくえ』 『名画の土壌』 『歌に詠まれる絵』 画家の世界 [私の読書]

日経新聞 『旅にゆくえ』『名画の土壌』『歌に詠まれる絵』から

「葛飾北斎」 洋画家 久野和洋

江戸時代後期の浮世絵師として活躍した葛飾北斎は、日本人画家として最も広く世界に知られた天才画人である。90歳の天寿を全うした北斎。

晩年の北斎が自ら書き残した文に「自分は6歳から物の形を写す癖があった。50歳から多数絵図を描いてきたが、70歳までの物は取るに足らず。73歳でやや生き物や植物のことが分かり、さらに研鑽し、90歳で奥義をきわめ、100歳で神の域、それを越えて描く一点一画はまさに生きているものであろう。長生きの人は私の言葉が妄言でないことどうか見届けてほしい」高名ながら生活は質素で、なぜか狭い借家を生涯生涯で93回も転居した変人。諸国を旅し、絵を描くことのみに生きた画人。


「ジャコメッティ」   洋画家 久野和洋

スイスに生まれたジャコメッティは、ジュネーブの工芸学校で彫刻を学んだ。パリで芸術活動を始める前、20歳の時にイタリアに約1年滞在し、ヴェネティアやローマを旅した。その間、チマブーエやジョットの絵画、中世のモザイク画、エトルリアの古代彫刻などを見て感動したと言う。新たな表現を求め、国境を超え、様々な時代の美を旅して自分の目を養い、独創的な表現を獲得した。
「自分が見ているもの、それに達する表現は難しい。いくらとらえても逃げてしまう」。画家・彫刻家のジャコメッティは、パリのカフェで友人の哲学者、矢内原伊作にそう語っている。
細長く凝縮された形の人物直立像が多い。

人間存在の真実追求「ジャコメッティ展」六本木の国立新美術館で9月4日まで



  「コロー」   洋画家 久野和洋

光と影についての鋭敏感覚と揺るぎない画面構成。そこに古典的で新しいコローの作品の特質がある。

家業の卸売商を継ぐのを断念、画家となる決意をし、本格的に絵画の修業をするためにパリからイタリアに旅立ったのが29歳のとき。ローマを拠点に約3年間、フィレンツェのほかイタリア各地を訪れ、多くを学んだ。
「自然に回帰することに飽きてはならない。自然を軽視すれば、二度と友でいてくれなくなる。自然は嫉妬深い恋人である」
巨匠ドロクロワは、「現代風景画の父」と高く評価した。
さらに、ゴッホ、セザンヌも影響を受けた。信義に厚く、人情家でもあったコローは、仲間からも尊敬され、愛された。1875年、独身のまま78歳で死去した。

「ゴッホ」   歌人 梅内 美華子

ゴッホの代表作の中で「ひまわり」は光、「糸杉」は闇と言われる。糸杉は、南仏アルルの地で精神に破綻をきたしたあとのゴッホの心の状態を映している。敬愛したゴーギャンとの共同生活は二カ月で終わり、自ら左耳を切り取った。アルル郊外のサン・レミにある療養所に入院中に糸杉は描かれた。

「ティツィアーノ」  歌人 水原 紫苑

この『ウルビーノのヴィーナス』ほど華麗で官能的な絵はまれだろう。挑発的な視線をこちらに向けるヴィーナスの脚の向こうに、貞節の象徴と言われる、小さな犬が眠った形をしている。だがよく見ると犬は薄目を開けてちらちらご主人様を見ているようだ。

「タナー」   洋画家 奥西賀男

タナーは理髪師の父の下、ロンドンに生まれた。母の病に苦しめられながらも、画家を志した。写真の無かった時代、画家は理髪師や大工と同じ職人であった。
海や船に興味を持ち、水のあるところを好んだ。当時流行の肖像画はあまり描かなかった。
秘密主義、住所は明かさず偽名を使うなど謎めいたところがあった。
天性の才能と頑固な反骨心によって、英国の最高の巨匠となった。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「住まいのまちなみコンクール」旧山陽道『矢掛宿』 [建物と街散歩]

私の郷里『矢掛』が、国土交通大臣賞をもらった

何も自慢することが無いと思っていたのでうれしい。
両親も、唯一の友も他界して、ここ何年も家に帰っていない。何かさびしい。
今は長男の兄が全てを継ぎ、木材業を経営している。

私の家“矢掛の木材工場”と言えば、小田郡では誰でもが知っている。
昔は金貸し、金庫の中の貸付台帳を何冊も見た記憶がある。早くから、ステレオ、レコード、バイオリンとあったが、私は一つも身に付かなかった。

テレビも町内では、早くから買い、近くの人達が見に来ていた。1960年代、父が日産スカイラインを乗っていた。冷蔵庫も購入したのが早かった。お手伝いさんも二人いた。などなど思い出がある。
小学校・中学校の頃の思い出は、小田川の魚とり、自宅のピンポン、運動会の800m、マラソンランナーなどなど今思えば、楽しいことの方が多いかな‥‥。

父も亡くなり、母も五年後、あっという間に亡くなった。二人とも非常に元気だったのに、孫の介護・手術をしてもらって、両親も満足してあの世に行ったことだろう。


「住まいのまちなみコンクール」旧山陽道『矢掛宿』

審査員 日本建築士会連合名誉会長 藤本昌也

2013年度 第8回となる今回は国土交通大臣賞を「備中矢掛宿の街並みをよくする会」が受賞した。

『評価のポイント』 藤本昌也氏

矢掛の歴史は相当古く、生みの親が何世代にもわたっています。本陣・脇本陣がともに現存しているのは大変珍しいそうです。先ずはその歴史の厚さに注目し、誠んぞ先祖ががんばってつくってきた街並みを行政任せにせず、住民たちで費用も、知恵も出し合って保存、再生することで今の生活を豊かにしようという育ての親の自立した姿勢を高く評価したのです。また、「花いっぱい運動」や観光ボランティアの養成など様々な活動展開し、継続的に成果を上げています。 

 とかく矢掛のような歴史的地区では、まちを“凍結保存”してしまいがちです。それでは生活がなく、映画のセットになってしまう。しかし矢掛にはちゃんと人がいて、生活があります。「ハードではなくソフトが大切だ」と言われるゆえんです。しかし、一方で、ハードがしっかりと仕込まれていると、すまい手も街並みづくりに目覚めるものです。ハードも大切だと言いたいですね。以上

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

私の人生は70歳 [歳とること]

『わたしの人生は70歳』


私の人生は70歳と決めている。私が60歳になったときに決めた。そして、今また再度その意志は強くなった。

廻りの友人が亡くなる。2012年12月9日、郷里の友、彼がいるからこそ帰るのが楽しみでもあった。そして、今年になり、NFで派遣社員として採用されたときの担当、小林課長の亡くなるまでの姿を見てきた。顔に艶が無くなり、小さくなり、声もかけられないような姿になり、知らないうちに姿が見えなく…そして、亡くなったことを知った。54歳だった。そして、最近、非常にお世話になっていた人が亡くなった。

『わたしの人生は70歳』と決めた時には、仕事の裏付けのようなものがあったからこそかもしれないが、その時に2つだけは守ろうと決めたことがある。

1:夕食は妻とふたりでする。

2:年に一度は、自分への褒美に海外旅行をすること。

そのためにも、仕事を見付け働かねばということは当然わかっていることではある。
昨年、2016年3月8日に契約が破棄されたことを告げられた。

人生計画の収入が途絶えた時、妻から背中を押されて
4月1日から、N社の派遣社員になり、新しい環境で働いた。67歳の誕生日も、N社で向えた。
“大丈夫ですか?”と何度も言われながら、色々があったが、新しい環境で新しい設計監理の姿勢を
知ったことは、私の知識になったことは、大きなことだった。

「常に、学ぶことを忘れないように生きること」の大切さも教えられた。

詩人ルイ・アラゴンのいう「教えるとは共に希望を語ること。学ぶとは真実を胸に刻むこと」


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

私にとっての『Stay hungry 、 Stay foolish』 [歳とること]

今日20161122 日曜日で、一つのお仕事はお休み。もう一つの仕事は、あります。
というわけで、休みのない私は、朝、5時10分に起き、パンと牛乳の朝食しながら、テレビを付けると「戦争を知らない子どもたち」“きたやまおさむのテレビの寺小屋の講座で『人の裏と表』、フ~ン なるほどと思いながら‥見て、朝一番のバスで自宅を出た。朝一番と言っても、午前5時52分のバス。

武蔵境に7時10分着、事務所に行く前に、街のこころよさ、私の立ち寄るお店、スタバによって1時間ばかり、“コロンビア”コーヒーを飲みながら、スタッフの若い女子たちと冗談を言いながら、図面を見たりしながらと、ときを過ぎし、事務所に来た。今日はいい天気だ。

私にとっての 『Stay hungry Stay foolish』

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で語ったスピーチ。最後に「Stay hungry, stay foolish」で締め‥

私にとってこの言葉の意味はなんだろうかと考えた。
歳をとるにしたがって、どうして?と思うことが少なくなる。また尋ねるのも恥ずかしくなるかな‥、人は人と思うし、色んな事は無視するとか、“日経夕刊20161022 子供の「なぜ」と格闘 無着成恭の言葉でく質問しない国は滅びる‥ >”を思い出した。

さて、私にとっての、この言葉は、“常に何かを求め、世の中の様々なことに興味を持ち続け、そして世の中の流れに身を任せて生きていくこと


成田 あゆみ/1970年東京生まれ。英日翻訳者、英語講師。の訳では以下の通り。
hungry:過去の成功を捨てること。身軽でいること。心から好きなことを見つけるまで立ち止まらないこと。自分には何もないと自覚すること。自分の心と直観に従うこと。
foolish:多数派の信じることに反してでも、自分の心に従うこと。成功を捨ててゼロからやり直すこと。本当に好きなことを見つけるまで立ち止まらないこと。








nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『老いを忘れさせるもの』プロムナード 日経20161014 [歳とること]

『老いを忘れさせるもの』プロムナード 作家/東山 彰良

48歳になる作家ですら、老いについて考えている。

顔はどこまでかれてしぼむのだろうかとうんざり‥とか、年寄の価値は底なしの暴落を続けていく‥とか。

そして『イッツ・オンリー・ロックンロール』アメリカのジョークから
三歳のときに大切なことは、おしっこを漏らさないこと。十歳の時に大切なことは、友達をつくること。二十歳の時に大切なことは、上手にセックスをすること。三十歳の時に大切なことは、金を稼ぐこと。四十歳の時に大切なことは、金を稼ぐこと。五十歳の時に大切なことは、上手にセックスをすること。六十歳の時に大切なことは、友達をつくること。七十歳の時に大切なことは、おしっこを漏らさないこと。

そして、老いを食い止める方法はないが老いの忘れさせる手立ては『論語』のエピソードから、寝食も忘れて打ち込めるものがあれば、すくなくとも日々の老いの足音におびえて暮らさずにすむ。そして、作家として、文字を書き連ねているあいだ、私は永遠に歳をとることがない。‥筆を措く日が来たなら、‥私の老いは、たぶん、そこからはじまる。と締めくくっている。

“老いること”がそうならば、私も設計、建築の仕事をしなくなったら、そこから老いがはじまるのだろう。と言いたいところだが、常日頃【老いること】を考えている。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

驚きの湯煮 稲泉 連 日経のプロムナード [食べること]

日経の夕刊 2016.0921 「驚きの湯煮」  稲泉 連 

元水産庁職員で、魚食の普及/啓もう活動を行う“魚の伝道師”こと上田勝彦さん

①まずは調理したい魚を用意し、全体に塩をまぶす。
②しばらくして魚を洗い、適当な大きさに切る。
③鍋に水を張って日本酒を加え、温めたところに魚を入れる。
灰汁が出てお湯が透き通ってきたら、後はおもむろに取り出すだけ。
骨は油を決して沸騰させない事、それによって魚の旨味が保たれる。

例えば、刻んだネギをまぶしてポン巣を掛ければ和風。オリーブオイルとにんにくを和えて、黒こしょうを振り掛ければ洋風。これで干し物でやってもいい。残った湯で野菜をそのままゆでればいい。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たどってなるほど コーヒー 日本 [学ぶこと]

「森の秘薬 火と出会い覚醒」 日経20160903

コーヒーの歴史.jpg


第三の波と言われるコーヒーブーム。コーヒーの起源はエチオピア、薬だった。
9世紀より前、エチオピアのヤギ飼いカルディが、コーヒーの赤い実を食べて興奮するヤギを見付けた。
自分も食べるとすっきり。以来、僧侶たちが睡魔を払うために実を煎じて飲み、イスラム縁に広がって消費や利尿作用を持つ秘薬となったと言う。「人の出会い」①山火事でコーヒーの実が焦げた②薬を作る際に実がこぼれて火に触れた。2説がある。イスラム教徒は緑の豆を焼く「焙煎」をはじめ、煮出しして飲む黒いコーヒーが誕生した。

17世紀前半、地中海貿易において主導的な役割を果たしていたヴェネツィアの商人を介してコーヒーはヨーロッパ各地に広まっていく(コーヒーの歴史https://ja.wikipedia.org/wiki/

日本には17世紀末、長崎の出島にオランダ人が持ち込んだ記録がある。
第一の波がきたのは戦後の1950年代。「名曲喫茶い」「ジャズ喫茶」。第二の波の始まりは、国内に1200店舗を構えるスターバックスが銀座に第1号店を出した96年。
現在は第3の波が押し寄せる。コンビニでそこそこ美味しいレギュラーコーヒが100円程度で飲める。一方、美味しさを追求したコーヒーに注目が集まる。2015年に江東区に開店した米ブルーボトルコーヒーに注目が集まる。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

石川直樹 『旅とはなにか』 [建物と街散歩]

異見 新言 『旅とはなにか』 写真家 石川直樹 日経200180412

旅とは1.jpg旅のかたちは時代で変わる。高校以来、世界を歩き、01年のチョモランマ登頂で当時の世界7大陸最高峰登頂の最年少記録を更新した石川直樹さんが「今ここにある」旅についてつづる。 北極であろうがヒマラヤであろうが、そこに行って何を 体験するするかが重要なのではない。大切なのは 心を揺さぶるな何かに向かい合っているか否かということではないだろうか。

本来の旅とは自分を変えるために行うものでも癒しのために行うものでもなく、自己と世界との関係を確かめ、身体を通して自分が生きている世界について知る方法ではなかったか。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都の愉しみ [建物と街散歩]

《京都の小旅行 2016年7月16日と17日》


2016年7月15日、仕事を終えて、夜行バスで京都に行った。
倉敷の木彫の大野さんに誘われるままに、祇園祭の鉾に乗れるとのことで京都に行ったが、もう暑くて観光どころでなく、一日ほとんどスタバにいる羽目になった。

翌日、大野氏と別れて深谷さんと食事をし、少し観光をした小旅行だった。


2016京都祇園.jpg


祇園.jpg


京都さか.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -