So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

スタバの進化 [建物と街散歩]

進化する【スターバックス】

毎日、スタバを利用している、月に10000円を使っているようだ。マー家族からは色々言われてはいるが‥。
そこで、最近のスタバについてメモを残そう。

みんな働いているのは、若い子ばかり、私の娘よりずーと若い。袖触り合うのも他生の縁と言うのか、若い人達と一時の会話を楽しめ、また“げんじさん”と呼んでくれるので、ついつい武蔵境店に寄ってします。

スタバが日本に上陸、1996年8月、銀座松屋デパートのそばになるのが、一号店。
そして

  2018年3月から東京ミッドタウンB1に、そして国分寺の駅にオープンした。

≪東京ミッドタウン 地下1階≫

開店前から、この場所は知っている。K建設で、現場を2017.8月~12月まで監理、特に地下を担当していた。
ミッドタウン1).jpg

昨日、ミッドタウンに行ってきた。3月27日から、オープンしたそうだ。現場を知っているので、あまり行きたくはなかったが、3月末に引渡しをしたビル(設計・監理)の施主の招きの食事会前に、時間があったので、

感想:100人収容だろうか?スタッフも緊張しきりの対応、若い人達は持つだろうか?
ひとり単価は、恐らく1000円を超えるだろう。すごく混んでいた。でも、入り口辺りは、ゆったりとしたスペースをとっているので、スタバのイメージは壊さなくていいのかもしれない。

そして、国分寺店
国分寺(3).jpg

武蔵境で開店前に研修のように働いていた子が、4人が開店日から国分寺で働いていた。
同じ3月にオープンした国分寺店、50人ぐらいの収容。ひとり単価は700円ぐらいだろう。
ここのスタッフは、いつものペースで、働いている。店長の手腕だろう。


【スターバックスの特色】


スタバの良いところは、スタッフと客とのリラックス感だろう。アメリカ映画で見るような雰囲気。
客とスタッフとの接点が近い、つまり気楽に会話ができる距離。
スタッフから話しかける、また客が話しかける距離感と雰囲気がある。これは、スタバの経営方針、≪接待の思想≫が全ての店に行きわたって、変わらない思想だ。経営内容も、本当に日々進化し、売っているものも、全ての事に努力しているしているようだ。

そして、広告宣伝費にほとんど金をかけない。店舗自体が宣伝だそうだ。

一方、ドトールは、それらしい雰囲気はなく、上から目線、或いは同じ目線、お互いが話かけられない雰囲気が
むんむんだ。

これからも、若者に受ける店舗姿勢はかわらないだろう。


スタバの店舗数は、全国1315店(2017、12月)、ドトール1150
参考までに上島117店、上島を入れてもスタバが増えている。
とうとう、ドトールを抜いた。というか、ドトールの店舗数を減らして、上島珈琲(単価はドトールより高い)を増やして、利益を上げようと思っているのだろうか?

以下は、2年前、2015年7月に書いたブログ
もうすぐだろう、スタバの店舗数がドトールの数に追いつき、追い越すのは。
スタバ店舗 2015年 1096軒
スターバックスコーヒーの店舗数は1,096軒で、人口10万人あたり0.86軒。現在は鳥取県以外の全ての都道府県に店舗展開している。最も多いのは東京都で2.12軒。2位は沖縄県で1.48軒。

ドトール店舗 2014年 1348軒
全国の店舗数は1,348軒で、人口10万人あたり1.06軒。最も店舗数が多いのは東京都で3.98軒。2位以下は神奈川県、福島県、千葉県、青森県と続いている。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

動物の睡眠時間 [歳とること]

「動物の睡眠時間」 
朝日新聞20180224 Do 科学

動物の睡眠2.jpg




オーストラリアのシドニーで、コアラくんを見た。一日18時間~22時間ぐらいの睡眠をとる。
ほとんど寝ている。コアラが食べるユーカリには、毒になる成分も入っている、それを盲腸の中の細菌でゆっくりと分解させる。だからコアラの盲腸は2㍍ある。このユーカリに、睡眠薬の成分があるとか


Koala2.JPG








20110226185024_00001.jpg










猫は寝る子と書くとか、ほとんど寝ている子ということだとか、一日12時間の睡眠をしているそうだ。


20180319から家に猫が来た。黒いネコ、生れて5カ月らしい。
スタバに行ったとき猫の話をしていた隣の人、また友達だとかこの猫の写真を見せると
“かわいい”と言ってくれる。

まあ、夫婦とも70歳に近いから、いつまで一緒に生活できるか分からないが‥




IMG_ネコ7655.jpeg

nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

武蔵野 住宅設計 三溪園見学 [学ぶこと]

住宅設計 「品のある高さ」


天井高さは、高くなりつつある。これもどこかのコマーシャルのお蔭だろうか?
本当に、天井が高くなることが家族、ファミリィ―にとって、本当の住まいですか?

僕は、社会の雑踏した、騒がしい空間から逃げ出した落ち着いた場所が欲しい。


吉村順三の言葉

自分の好きなコージィー(居心地のよい、くつろいだなどの意味)なスペース

美しい家というのは皆天井が低い‥七尺5寸の天井以上は、美しくない。という言葉等々。高さは非常に重要

尊敬する建築家 吉村順三の住宅は、天井高さが本当に低い。それが、建物の品につながるのか?
住んでいる人のクレームはないのか?体験したく、感じたくて、京都、奈良に行きたかったが、‥‥まあ、倹約もしないとだめだしと思っていたら、スタバで日経新聞を見て、三溪園、こんな綺麗な場所があるのか?三溪園を知った。そして、横浜の近くにあることを知り、混みあっていない平日、開園9時に合わせて見学した。素晴らしかった。

三溪園案内図1.jpg


桜木町の駅から30分、バスにゆられて三溪園正門前に着く。桜並木、立派な高齢者のマンション、住宅街を行く。前方にそれらしき正門が見えてくる。
2三溪園入口01.JPG


1三溪園正門.JPG

60歳を過ぎたが、神奈川市民でないので入場料を700円払って、正門をくぐる。

最初に見学したのが、鶴翔閣を見学して、三溪記念館を見て、御門、三溪氏が隠居所としていた白雲邸を見る。
9鶴翔閣1.jpg

10鶴翔閣01.jpg


11鶴翔閣03.jpg

12鶴翔閣詳細 .jpg



「夫人と共に暮らした白雲邸」


コーナの柱を建具の一部とした建具の納まり

15白雲邸柱01.jpg

19白雲邸柱02.jpg


千利休が刺客の襲われたとき、‥‥

16白雲邸灯篭.jpg


素晴らしい竹の塀、開けたら御門が見えた。

17白雲邸竹塀01.jpg
18白雲邸竹塀02.jpg


そして、江戸時代の建物、文化の継承する建物群を見学するわけだが、

3一角全景.JPG


江戸時代の数寄屋風書院つくりの別荘建築「臨春閣」

5臨春閣1全景.jpg
6臨春閣03.jpg


廊下の天井高さは2400、全体的に建物を低くおさえているのを感じる。

7臨春閣030.jpg


8臨春閣05.jpg


13臨春閣から橋を見る.jpg


亭樹の橋を渡り、月華殿、天授院を見学して、一番好きな聴秋閣を見る。

14月華殿01.jpg

14-2月華殿天授院周辺.jpg

14-3月華殿周辺2.jpg



20聴秋閣01.jpg


21聴秋閣03.jpg


22聴秋閣1.jpg
23聴秋閣04.jpg


織田信長の弟・有楽の作と言われている茶室。東京の有楽町、そして、数寄屋橋など起源とか‥

24-1春草廬.jpg

24春草廬00.jpg

25春草廬01.jpg

26春草廬02.jpg

27春草廬04.jpg

28春草廬03.jpg


前方の旧燈明寺三重塔を見学し、旧矢の原家住宅を見て、待春軒で「三溪そば」と「まめかん」を食べ、建物見学を終えた。
4時間近くの見学だった。感想は、昔の建物は、高さには無駄の無い柱、梁で構成されていること。材料の美しさ、調和、広がり、によって、構成された伸びやかさがある。


車の“スペーシア”のような ぼってとした外観はない。やっぱり、“ミニクーパー”の方が品があるし、かっこいい。

nice!(2) 
共通テーマ:

今年の桜 2018 [建物と街散歩]

【2018年の桜】


2018の桜.jpg


今年の桜の開花は早かった。冬の寒さを残しながらの春に咲く桜は、ピンク色が昨年よりはあったかもしれない。
今年も、千鳥ヶ淵に行った。平日なのに、見学する人は多かった。外人さんが多いようだ。

今年も桜を見学できた。後、何回見られるのかなと思ったりする歳になった。
友が去って行ったのは、いつまでも寂しいな~。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

住宅設計 「火と水と木の詩」 [設計の仕事]

「火と水と木の詩」 
私はなぜ建築家になったか 
吉村順三


建築の仕事について、率直に飾りもない言葉で説明している。非常に楽しく読ませていただいた。お薦めする書籍だ。

吉村順三書籍.jpg


この本は、吉村順三氏(1908年から1997年)が、1978年11月11日に出版社との対談の中から抜粋された内容を本にまとめたもの。つまり、吉村さんが70歳の時の言葉です。私も、2年後。私にも分かる素直に理解できる言葉だった。以下が、私が納得した事柄を抜粋して書いてみた。

1:吉村氏はなぜ建築家になったか
自分の好きなコージィー(居心地のよい、くつろいだなどの意味)なスペースを造ろうと‥建築デザインの基本。しかしまだできない。

本当に誠意をもって作った物は、本物だという感じを得ました。絵描きさんが画商のために書いた絵‥ソロバンをはじいて出来た家、ピンとこない、生き生きしていない。

 「プランと高さの関係の発見」
美しい家というのは皆天井が低い‥七尺5寸の天井以上は、美しくない。という言葉等々。高さは非常に重要また、‥不用なものは低くて、プロポーションが良くて、安く出来るなら‥。

私のメモ:今まで当たり前のように、天井高さを2400以上と考えていた。武蔵野の住宅は、2400を2250を基準、標準にして考えて設計した。
ただし、事務所建築(日比谷の新虎通りのTビル、竣工20180328)では、各室の高さ2650を最低の高さとして、高くできるところは、これ以上の天井高として、裕福な空間づくりをして、施主に喜ばれた。
住宅と事務所建築は違う。

3:日本での設計活動
【設計の基本は住宅から】

住宅ばかりやっていると、事務所の経営がうまくいかないんだけど、住宅が好きだから‥。だから、偉い先生達はちっとも住宅をやってくれない。あれは間違いだと思う。

4:建築家の役割
建築の仕事は欲得なし
一つには人のための仕事が出来る、人の役に立つ仕事が出来る。

建築家の仕事は、良い仕事ですが、とにかく人間を扱う仕事ですから大変です。
器をつくって、その中に人を入れるという仕事ですから、とても面白い仕事だと思います。
しかし、必ずしも建築家は、社会的にも経済的にも恵まれていない。

「建築創作の喜びと責任」
建築家はビジネスでないから‥建築の仕事をしている時が一番幸せだなあと思う‥。

「建築は人間の精神安定剤」
家というのは、とても便利だとか、快適だという以外に、その家の品格が人に与える影響というものは、すごく強いものがある。寸法が悪くて、寒くて、具合が悪い感じで、年中その人達はいらいらして‥








nice!(0) 
共通テーマ:

新しい視点から見る設計・監理 [設計の仕事]

『新しい視点の設計・監理』20170709

2016年3月に「IMC日比谷ビル」と「IMC三番町マンション」の設計監理の契約をしていたが、施主の一方的な解約で、人生の生活の軸を失った。どちらの建物も設計はしたので、まあ良いかと思うようにしている。

ということで、妻の助言、気転をきかせて、新しく派遣社員として『Nの仕事』をした。普通の設計監理の仕事かと思ったが、全く想定外の内容だった。いろいろ勉強させていただいた、15カ月間だった。


大手の設計事務所は、設計・監理業務売上高から言うと、日建設計、NTTファシリティーズ、三菱地所、日本設計、久米設計が大手五社(2016年ランキング)。私はこの中の三社で働いた経験がある。
派遣社員、勤務先の設計事務所から協力スタッフとして働いた。


『Nの仕事』


私が働いたNは、半民半官。国の管理を受けながら、国の重要な通信建物の営繕(維持、設計・監理)をする。
仕事の流れは、NTTの建物の機能の変更、つまり電話通信料の支払い、相談コーナーに使われていたが、その機能・形態が変わったことと更に安全性を重要視するために、改修をしなければいけない。

そのため、Nの設計企画が改修・改善のための計画・企画書をNTTに提出する。計画・企画書が了承後に、Nは施主であるNTTの代理人となり工事を合見積の形態で発注し、設計・監理をする。

私が入社した頃は、忙しくもあり、暇な頃だったかもしれない。組織替え、引越し、社名変更と、更に、工事現場の事故が多発した時期のためでもあり、計画通りに工事が進まなかった。抱える仕事も通常よりは少なく、私にとっては多い、13件の物件に携わった。多い人は常に20近い物件を抱えている。

Nの会社は全国的な設計・監理そして、工事の代理人として、N中央だけでも常に100以上の仕事を抱えている。様々な事故(足場の設置、煙突の工事、荷物の搬入、搬出時の工事)の多発と選挙があったので、工事はストップする。工事の延伸がひんぱんに発生する。私のような残りの人生を4年と考えている人間には、メンタル的には良くない。

「仕事・設計監理の仕事」
天候の管理、仮設からと見張っておく必要がある。
となると、今までの設計・監理とは違う。新しいものに対する想像性はあまり必要とされない。今あるものを改善・修理が重要になる。それも、新しい部門の監理と思い、勉強させていただいた。内部では試験、研修、勉強とある。
仕事は、現場に行かない場合は、朝九時から午後五時5時30分まで働く。
先ずは、建築設計・監理担当のみんな(50~60人)で「行動指針」を読む
・チャレンジ
・コミュニケーション
・スピード
・主体性
そして、「CSR・コンポライアンス」を確認する。

次に各部門(20~30人)では、工事監理の特記仕様書を読む。そして、現在の担当している仕事の進行状況を伝える。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

建築の本 「場のデザイン  槇文彦×三谷徹」 [学ぶこと]

「場のデザイン 槇文彦×三谷徹」



建築家とランドスケープ・アーキテクトとの間にある場・空間・自然、あるいは内外空間の結界


対談の中で、槇さんが言われた、≪日本ではバロックのように視線が一つのところに収斂(しゅうれん)するのではなくて、回遊性、あるいはシークエンスみたいなものがアプローチとして大事になります。≫たとえば、階段を上がって行った最後に木立の中から神社が現れる。‥日本にはどちらかと言うと塔の文化があまり無くて、水平性が多い。‥(場のデザイン槇文彦×三谷徹より)

「情景の構想化」自分をそこに置いてみて、どういうふうに周りが見えてくるかという視点からの設計です。隅入りの斜め性ですとか、空間に壁をつくる‥思考の時間を積み重ねる中で、自分でもしだいにあるルールに従っていることが分かってくる。

窓には2つの機能、内と外を区分する部分で、開口を通して内から外を眺める場所、外から建築を見た場合、建築の構成の重要な一部。しかし、空間的な関係はつくり出さない。しかし、縁側は2つの空間が出会う場所であり、空間の関係をつくり出している。

作品であるとは、単に質が高いとか、作家性があるとかと言うのではない。

この本で、はじめて三谷徹さんを知った。ランドスケープ・アーキテクト、日本の都市設計で食べていくのは大変だろうな、と思っていたが、大学の先生もしている優秀な人。

銀座にあるニコラスGハイエット・センター(2007年、坂茂建築設計)の建物、これを見たのは10年前になる。
日比谷ビルを設計している頃、はじめて見た時にはびっくりした。
坂さんは本当の建築家だと思った。
坂さんは、街と建物を融合させてすごい人だと思った。
まさか、この建物に、三谷徹氏が携わっているとは思わなかった。
nice!(1) 
共通テーマ:

何処に行ったか「丸永製菓の白くま」 [食べること]

何処に行ったの白くま くん

種類別 ラクトアイス  パイナップル果肉7% 黄桃果肉6%


白くま2.jpg




いつ頃だったか、3~4年前だろうか、白くまくんをスーパー、狭山店の“”いなげや“”で見つけた。

それからは、毎晩オールシーズン食べている。毎晩と言っては大げさかもしれないが、年間通じて300日は、食べているだろうか。それも夫婦して。六本入りなので、二箱買って、12本。土曜日か、日曜日にまた二箱というペースで、食べ続けている。“いなげや”で、アイスは何を買おうかと迷っている人がいれば、「しろくまくんがおいしいですよ」と、教えてあげたこともあった。
このアイスを知る前は、「井村屋のあずき」だった。

それが、1ヶ月前だろうか消えた。いなげやにもない、マルエツにもないのだ。
それが、ファミリーマートに  セブンイレブンに同じ「しろくま」5本入り、名前で、でてきた。
買って食べたが、何か物足らない味、さて何が違うのか、

白くまイトー.jpg

ただし、探してBig-Aのスパーで、一箱289円6本入りの「白くま」くんを見付けた。帰宅時間が遅いので、土曜か日曜の夜に買いに行く。

ファミリィ―マートの「しろくまバー」5本入りを買った。
白くまファミリー1.jpg


3タイプそれぞれ栄養成分表1本当たりのカロリー、内容は違う。どれも、丸永製菓株式会社が製造している。
しかし、味は違う。僕が好きなのは、丸永製菓のタイトルの入っているもの、6本入り。

マルエツ、いなげやでも買えないのは残念だなー。
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2018年2月の麻生会 友の集まり [友だちとの会]

麻生会の集い20180302

久しぶりに麻生会に参加。
髙田馬場にあるロシヤ料理屋。12時30分~3時頃までの集い。
小川氏、亀沢氏、の常連は欠席。時間帯がまずかったのだろうか?
夜苦手な私にとっては、ありがたい。
アルコールを飲めない私にとっては、乾杯にはつらいものがある。一口、ひとなめで真っ赤になる。
ウオッカ、ビールと飲む人たちが羨ましいと思ったりすることもある。
ジンジャーを飲んだが、本当にジンジャーを飲んでるような味だった。

麻生会201802.jpg


麻生201801.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きていくことで、考えさせること [歳とること]

20180224 録画をしていた番組【「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」】を見た。
数学者 岡潔 の名前を知らなかった。妻からは、いつもの事だが“何も知らないんのね”
と言われた。
見て、日本が遅れていることを感じた。また、フランス人は他人を認めているが、どうして日本人は、他人の
研究を認めないのか、何か寂しい思いがした。これほどまでに、日本人の認識が遅れているのか?
見て終わって、寂しくなった

教育 こんなんだ、自分が分からない事、人の学ぶこと、自分が勝手に決めてけること、
何か新しいことを見つける、認めることをしないのか?

男女平等.jpg

男女平等 男女格差世界で114位、日本ほど暮らしやすい国はないと思っている僕にとっては、びっくりする数字だ。朝日新聞に、スエーデン人が感じたこと。
男女の格差は「日本はスエーデンの50年ぐらい前の状況かな」
50年という数字は、30年前だったか、建築家の加藤氏から聞いたことだが、彼が韓国に建築の調査に行ったとき、「韓国の現代化の遅れは‥」時の話に、聞いたことがある。それば、今ではスポーツでは、日本が負けている。

「取材で婚活パーティに行ったとき、プロフィルカードの記入欄、得意料理を書く欄‥男性のカードは男性は年収」
女性は、どの社会でも非常に活躍をしている。派遣で行った大きな会社のNF中央でもそうだった。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -